楽器紹介

タブレットで合奏って楽しそう。そう思ってもいざ、演奏しようとするとどのようにしたらよいかわかりませんよね。
私たちプラチナバンドの練習方法をお知らせします。

 

誰でもタブレットさえあれば音楽を奏でなれる!

仲間と一緒なら尚、楽しい。

全国にたくさんの仲間ができて、一緒に交流できる日を楽しみにしています。

 

セル1 セル2

①曲を決める

まずは演奏したい曲を選びます。

初めての場合はやっぱりテンポがゆっくりでやさしい曲を選ぶとよいと思います。

何より、演奏したい曲を選ぶのがポイントです。できればみんなが知っている曲を選ぶとよいでしょう。

②楽譜を用意します

楽器店などで購入してもいいですし、ネットで購入もできます。

著作権の切れたものなどはネットで手に入れることもできます。

例:きよしこの夜

 

 

③担当パートの楽器アプリをインストールします

グループの人数に合わせて担当のパートとどのアプリで演奏するかを決めます。

アプリはこのホームページの【おすすめ楽器アプリ】を参考にしてください。

アプリによっては音が遅れて出るもの、和音など一度に3つのキーを叩くと音が出ないものなどもあります。

また、アプリによって音量を最大にしてもあまり大きな音が出ないものもあります。

④パソコンを使って音合わせをすることもできます

スコアプレイヤーFX

【プラチナバンド】ではKAWAI楽器のフリーソフト【スコアプレイヤーFX】をパソコンにダウンロードして各自が自宅で練習をしています。
ある程度弾けるようになったら集まって一緒に音合わせの練習に入ります。

 

スコアプレーヤーFXは、eスコア (電子楽譜)を表示 ・演奏・印刷できるフリーソフトウェアです。

http://www.kawai.co.jp/cmusic/download/spfx.htm

ただ、これを使うには別途有料のソフトで楽譜を作成する必要があります。

【プラチナバンド】で使用しているソフトは「スコアメーカーLITE7」ですが現在は

「スコアメーカーLITE8」もでているようで体験版もあります。

スコアメーカー8 Lite 体験版ダウンロードページへ↓

http://www.kawai.co.jp/cmusic/download/demosmlite.htm

 

⑤スコアプレイヤーFXを使った練習方法

スコアプレイヤーFXの使い方①

テンポの変え方、音源の選択、楽譜の表示の変更

スコアプレイヤーFXの使い方②

途中からの演奏

 

他にもユーチューブで簡単な使い方のビデオがアップされています。

http://www.youtube.com/watch?v=fm2lhSrXSaw